小説「アルストロメリアー赤穂渚編」+1

Pocket

「010.バス停で、ふたり」

やっと物語が進みそう(というと語弊があるが)な雰囲気が出てきました。恋愛要素もどんどん入れたい。楽しい。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です