作品

主人公様①

気づいた時には、型に嵌まって生きていた。疑問に思うこともなく、そうであることが当然というように。毎日決まった場所で、決まった行動をして、決まった言葉を吐き出していた。その自覚をしたのは、ごく最近のことだ。別に、何か大きなきっかけがあったわけ…

わたしたちは主人公様のために生きている。

わたしたちは同じ行動・同じセリフを毎日繰り返している。時間は動いているようで動いていない。それに気づいたのはいつからだったか。ある日、毎日異なる行動をしている少年と出会う。彼を見ていて気づいたんだ。わたしたちは、彼のためにそこに在るだけなの…

アルストロメリア赤穂渚編ー4

保健室のベッドに渚を寝かせた後、玲香はベッドを遮るカーテンの前の椅子に座り、脳内反省会を繰り広げていた。言うまでもなく、玲香に授業へ戻る気はない。正直、あれはないだろう。玲香は頭を抱えた。いくら渚を可哀想に思ったとは言え、あの場で渚を連れ出…

017昼間の森

行きたいところがある、と言った玲香に「俺も行きたい」と渚が申し出たのは数十分前のこと。玲香が何処に行きたいかわからないまま徒歩で移動。途中でコンビニに立ち寄って、玲香はいくつかのお菓子を買った。それからまた暫く歩くと、住宅街の喧噪とはほど遠…

アルストロメリア赤穂渚編-3

七月。玲香が通う高校はあと二週間で夏休みを迎える。「もう少しで夏休みですね」玲香の前の席に高校一年生からの友人である少女――紫藤茜が座り、にっこりと笑った。茜の焦げ茶色で肩まで伸びた髪がふわりと揺れる。「夏祭りも行きたいし、海にも行きたいな…

016夕焼け

夕焼けに浮かぶ茜色の雲には、憂愁が秘められている。この道を歩くのがあと数回もないと思うと、目の奥が熱くなってくる。隣に玲香が居るのに、ここで泣いてしまったらきっとおかしな雰囲気になってしまう。涙を溢しても、玲香はきっと「何泣いてるの」って呆…