更新履歴

小説「アルストロメリアー赤穂渚編」+1

「010.バス停で、ふたり」

やっと物語が進みそう(というと語弊があるが)な雰囲気が出てきました。恋愛要素もどんどん入れたい。楽しい。笑

小説「アルストロメリアー赤穂渚編」+1

「009.わすれもの」

さあ、これからどんどん絡んでいくぞ。
楽しくなってきたよ。この二人の絡み好きだぞ~。

小説「アルストロメリアー赤穂渚編」+1

「008.弟の頼み事」

渚との絡みを沢山書くぞー!!!

小説「アルストロメリアー赤穂渚編」+1

「007.供給過多です」

茜さんが出るとやはりギャグに寄りますね。こういうシーンも必要だよね!!
こういうシーンはすらすら書ける。まさかギャグに適性が……!?笑

小説『アルストロメリアー赤穂渚編』+1

「006.親友の気遣い」

玲香も茜もとても優しい子たちです。優しすぎて気疲れするタイプ。

小説『アルストロメリアー赤穂渚編』+1

赤穂渚編「005.既に手遅れ

大体2000字ずつくらいで区切れるといいのかなあと思いつつ更新しております。現在下書きは3万字程度。追いつかれないようにしたい!笑

小説『わたしたちは主人公様のために生きている』+1

少女は主人公様に気づいたー001

一応ゲームの世界でのお話。少女視点と少年視点をどちらも書いていきたい。

小説『アルストロメリア(赤穂渚編)』+1

004.少年霊

赤穂渚編の展開の早さな……。

小説『アルストロメリア』お題+1

017-昼間の森

神様になった巫女さんと玲香&渚。この巫女さんのお話はまた別に書きたいかもしれない。

小説『アルストロメリアー赤穂渚編』+1

赤穂渚編「003.不穏

展開が早いと思われるかもしれないけど玲香さんのお人好し具合を強調したらこうなりました。

小説『アルストロメリア』お題+1

016-夕焼け
茜と玲香が高校3年生の時のお話。本編でこうなるかはわからないので「If」ってやつですね。

小説『アルストロメリア』お題+1

015-風に吹かれて
座敷童って絶対可愛いと思っている。