主人公様

主人公様①

気づいた時には、型に嵌まって生きていた。疑問に思うこともなく、そうであることが当然というように。毎日決まった場所で、決まった行動をして、決まった言葉を吐き出していた。その自覚をしたのは、ごく最近のことだ。別に、何か大きなきっかけがあったわけ…