タグ: 言葉

「幻月」月は決して一つではない。

こんにちは。
【小説×歌×朗読】中心に活動している「SSQuest」の首領・雪花です。

Twitter:@ssquest

皆さん、「月」を表現する言葉はどれくらいご存じでしょうか?

「月光」「月明かり」「月影」「三日月」などなど・・・・・・。

この辺りはよく耳にするでしょうか?

実は、調べてみると「月」に関する言葉はまだまだ沢山あります。

このサイトでは、特に自然に関する言葉について取り上げることが多くなると思います。
「月」に関して「幻月」のみでは終わりませんので、ぜひチェックしてください(*^^*)

それでは、本日は

「幻月(げんげつ)」

についてお話します。

 

「幻月(げんげつ)」は月が二つ以上に見えること

「幻月(げんげつ)」とは、

「月の左右に、別の月があるように見える現象。空中の氷晶による光の屈折で起こる暈(かさ)の一種」です(出典:日本語表現インフォ)。

よくファンタジーの世界で、はっきりと二つの月が空に浮かんでいることがありますね。あれに近いと思います。月の隣にもう一つの月が見えるのです。

太陽にも同じ現象があります。それは「幻日(げんじつ)」といいます。

 

「幻月」の実際の写真

「幻月」という現象を、2014年に新潟県の胎内自然天文館で観測できたようです。

→胎内自然天文館のブログを見てみる。

写真の引用はちょっと怖いので、お手数ですけどリンク先をご確認ください!

幻日は結構見られると思います。
下の画像の、虹色に光っている部分が「幻日」です。

検索エンジンで「幻日」と検索してみると、もっとはっきりとした「幻日」の写真が見られます。
興味がある方は、ぜひそちらも見てみてください。

 

3.おわりに。「幻月」から生まれる物語とは

いかがでしたか?

光の屈折で月が二つ以上に見えるなんて面白い現象ですよね!

「幻月」・・・・・・隣り合う二つの月・・・・・・人の相反する心の見え隠れ・・・・・・?
隠していたはずの心が表に出てくる瞬間・・・・・・?

そんな風に月を人に例えたり、はたまた逆の発想だったり。

色んなことが想像できそうですね!

私が組んでいるコラボユニット「Solumonia(ソルモニア)」のオリジナル曲に「月恋歌」という「月が人間に恋をするお話」があります。

そして、その曲の一部歌詞を変えた曲が「幻月恋歌」です。

私の場合は「幻月」から歌詞を考えた訳ではなく、歌詞から「幻月」にたどりついたのですが・・・・・・。
上記のような発想から「幻月恋歌」と名付けました。

上記の動画は、「月恋歌」と「幻月恋歌」のMix verです。
Cメロ以降が歌詞違いとなっています。

せっかくですから、次の記事では「幻月恋歌」についても少しお話したいと思います。

それでは、また次の記事でお会いできたら嬉しいです。

最後までお読み下さりありがとうございました。

はじめに:想像力をUPさせるために歴史や神話を学ぼう!

こんにちは!
【小説×歌×朗読】中心に活動している「SSQuest」の首領・雪花です。

Twitter:@ssquest

ファンタジーな世界や歴史系の物語を創作したり、そんな世界を読み解いたりしたい。

だけど、どうにも知識が足りなくて思うように進まない・・・・・・という方は多いですよね。

「○○について書きたいけど、どう表現すればいいのだろう?」

「なんだか内容が浅くなってしまう」

「小説を読んでいても、言葉の意味がわからない」

などなど。

私も、自身の知識のなさには悩まされます。

以前は今以上に知識がなかったので、

「こういう言葉があった気がするけど、それが何かわからない」
「どう調べればいいのかもわからない」

「戦国時代など歴史物に興味はあるけど、言葉が難しくて手をつけづらい」
(そして中高生時代の「歴史」の授業を思い出してうんざりする。笑)

といったことがありました(今もあります)。

だけど、ふとした瞬間に

ファンタジーな世界って、結構むかしむかしの生活文化からヒントを得ている感じがあり(貴族階層とか)

そもそも歴史的な話って今の生活からかけ離れていてファンタジーっぽくないか?

と気づきました。

そんなこんなで世界史や日本史、古代史、神話の本を読んだり、適当に辞書を引いたりネット検索したり・・・・・・。

すると、徐々に自分の世界が広がっていくことがわかりました。

想像の力に広がりがあったのです。

むかしから、歴史の教科書には載っていない話や古代ミステリーなどは好んでいたのですが、中高生時代の歴史のいや~な授業ですっかり離れていましたね。

(ピラミッドの謎とか古代ミステリー系のテレビは観ていたけど・・・・・・)

知れば知るほど面白いし、新たな発見があってこんなにも自分の力になるのに!

歴史や神話に限らずですが、
「さまざまな事柄を知る=多角的な視点を得る」ことです。

いろいろな知識を得て、いろいろな角度から物事を見ることができるようになると、世界が変わります。

歴史や神話は、私たちが普段の生活からは経験できないことを教えてくれます。

経験しようと思ったらタイムマシン作るかいま流行りの異世界トリップでもするしかない(無理)。

いろんなことを知って、自分の世界を広げてみませんか?

私はたくさんの人に、私と一緒に「想像の力」をUPしてほしいと思っています。

理由は語ると長くなるので書きませんが!笑

それは冒頭で挙げた、ファンタジーな世界を創作すること、読み解くことにも繋がってくるはずです。

・・・・・・というわけで、こちらの<伝承>ページでは「歴史」「神話」、そして中二心をくすぐる「言葉」について(笑)

以上の三点に焦点をあてて、お話していきたいと思います。
ぜひ、知ることを楽しんで下さいね!

最後までお読み下さりありがとうございました!