タグ: 小説

初心者のための小説の書き方!とにかくネタをメモしよう!

こんにちは。
【小説×歌×朗読】中心に活動している創作プロジェクト「SSQuest」の首領・雪花です。

「小説を書いてみたい!」と思ったとき、すぐに小説を書くことができますか?

おそらく、大半の人が一文字目から悩むのではないかと思います。

私も、小説を書き始めるまでが長い人でした。

特に連載ものなど、長いお話を何の準備もないまま書こうとすると、「始まりは何とか書けたけど、終わりが見えない……」とか「終わり方は何となく思いついたけど、そこに辿り着くまでの中間のお話が……」というように、挫折します。

あるいは、どこかで矛盾が生まれてしまったり、筋が通っていなかったりといったシーンや台詞などができてしまいます。無理矢理な展開って、萎えるよね……。

それでは、最後まできちんとお話を書ききるためには、どのように準備を行えばよろしいでしょうか?

まず、必要なのは、「物語のアイデア」ですよね。
これがなければ何も始まりません。

 

「アイデア」はどうやって出すの?

「アイデア」というと、「今までにない斬新な考え」というイメージがありますね。

私も、「これまでに出たことがないオリジナルを考えなければいけない」といった固定観念があり、そこから抜け出すまでに時間がかかりました。

「どうやっても新しいアイデアなんて出ない……」そういう悩みが頭を占めていたのです。

 

「アイデア」とは、「組み合わせ」です。

過去のアイデアとまったく何も被らない新たなアイデアなんて無理無理。
世の中は色んな考え・経験・知識が溢れていて、誰とも被らないものは、もうほぼないでしょう。

「アイデア」は「組み合わせ」。

これまで自分が経験してきたことや、学んできたことの「新たな組み合わせ」「既存のアイデアの組み合わせ」です。

そのため、アイデアを出すときに、「誰とも被っちゃいけない」、あまり深く考えないようにしてください。出るものも出なくなってしまいます。

「既存のアイデア」の中に「新たな組み合わせ」があれば良いのです。

ネット小説も最近、すごいじゃないですか。「異世界系」「転生系」「悪役令嬢」とか……投稿サイトでは公式タグになったりとかさ……そういうジャンルとして受け入れられているでしょう。

同じ「悪役令嬢に転生」の話だとしても、「パクリ」とかそういうことも言われないし。「悪役令嬢に転生」+αがある。そういうことですよね。

 

思いついたことはメモをしましょう。

「アイデア」をいきなり出すことはできません。まずは「ネタ集め」をしましょう。

今「書きたい」と思っているようなネタももちろん、思いついたことは「めちゃくちゃな考えだな……」などと思おうが、とにかくメモしてください!

私の場合、シンガー仲間とお茶をしていたときの会話で生まれたネタがあります。

とても、めちゃくちゃな話でして……笑
今、それを物語として成立させようと動いておりますが、まさかそれからこんな物語が生まれるとは……と、自分でも笑える感じです。

「無音の歌姫」というネタなのですが、タイトルだけ見ると、良い感じの物語になりそうな雰囲気ですよね。

でもこれ、

  1. 私「『4分33秒』というずっと無音の曲がある」→友人「それライブでやって」→私「毎回ライブの冒頭は『4分33秒』をカバーすれば良いかな??」
  2. 私「『無音の歌姫』っていう名前がつきそう」→友人「無音の歌姫、Twitterやったらどうなるんだろう」→私「多分毎日、無音の動画をアップする」→友人「怖い」→私「1秒から始まって毎日1秒ずつ長くなる」→友人「怖いwwwww」
  3. 友人「毎日無音の動画アップするって、どんなメッセージなんだろうね」→私(……ハッ!これは、背景をきちんと考えれば、いける!)

という感じで、本当に唯々笑い話をしていただけなのですよ。笑

けれど、こんな会話の中から、「無音の歌姫(あるいは「沈黙の歌姫」)」という物語が生まれようとしています。

ネタは、いつ・どこから降ってくるかわからないので、「あ、面白い」とか「変なこと考えちゃったなあ」と思ったときにも、それをメモしましょう。

また、テレビやネットを見ていて、「これは面白い!」と思ったら、ぜひそれもメモしておくといいです。あとから使えるときが来るかもしれません。

私もアプリゲームのストーリーを読んでいて、唐突に「この言葉……良い!」と思ってスクショしたり、ノートに殴り書きしたりします。一緒にいる人からすれば変な人かもわからないけど、ネタは逃したくない。笑

どんなにくだらないことであろうと、使えなさそうなネタであろうと、一つ一つがあなたにとっての宝となるはずです。

 

「ネタ」を組み合わせて「アイデア」にする。

ネタが集まってきたら、あるいは「これを小説として書きたい!」と思うネタが降ってきたら、これまで集めてきたメモを全て見直してみましょう。

例えば、私がマグネット等の投稿サイトで連載している「魔王を倒したら魔王になった勇者と異世界JK」は、ノートやスマホにメモしていた小ネタから生まれました。

そもそもその小ネタがどこから生まれたかというと、私は以下のこと・ものにハマっておりまして……つまり、私の「萌え」を組み合わせた結果です。

  • 異世界トリップ
  • 異種族恋愛(男側が人外だと尚よい)
  • フェンリル等の狼系をもふもふしたい
  • 孤独なキャラって何かいい

一部願望ですね。笑

上記のようなネタ(願望・萌え・趣味)を組み合わせた結果、「魔王を倒したら魔王になった勇者と異世界JK」は生まれました。勇者は犠牲になったのだ……。

このような感じで組み合わせていきましたよ。

  • 異世界トリップ ・・・ 女子高生がヒロイン
  • 異種族恋愛(男側が人外だと尚よい) ・・・ 魔物と女子高生の交流
  • フェンリル等の狼系をもふもふしたい ・・・ 狼系の魔物といえば個人的にフェンリル → フェンリルって強いのでは → フェンリルは魔王(または魔王という存在がいなくてもそれに値する力をもつ)
  • 孤独なキャラって何かいい ・・・ ただの魔王だと魔物という仲間がいるので孤独ではなさそう → 元人間だったら周囲に魔物がいようが孤独なのでは → 人間が魔王になる → 魔王を倒した勇者が次の魔王になる

つまり、「魔王を倒したら魔王になった勇者と異世界JKの交流だ!!」(タイトルはまんまである)

異世界JKも猫になるのですが、「魔王(フェンリル)になって孤独な戦いを続けてきた元勇者が突然人間と交流図るとか無理じゃね?」と考えた結果です。

ほかにも細々と決めていったことはありますが、大まかにアイデアの出し方としてはこうでした。

【連載中!】「魔王と倒したら魔王になった勇者異世界JK」はこちら

 

おわりに:楽しく小説を書きましょう

いかがでしたか?
今回は小説を書くのに必要なアイデアの出し方をご紹介しました。

とはいえ、本当に思いついたことをメモして、後から組み合わせていくだけです。
少なくとも、私はそうしております。

細かい文章の書き方や表現方法は色々ありますが、どう表現するか等は、言葉選びから何から自由だと思うので、私からお伝えすることはありません。

でも、それに関しても、表現のネタ集めに大事なことは、メモ。
私はよく「言葉」に関してもメモしています。

最近、アプリゲームで「慚愧(ざんき)」という言葉を目にし、すぐさまメモしました。知らないことを初めて知ったときに、「何かいい!使うかわからないけど何かいい!」と思うとすぐメモします。笑

けれど、本当にそういうことの積み重ねです。

小説の書き方は、コツなどはあれど、明確なルールなどはありません。

このサイトでは「私はこうしている」ということでご紹介しますが、それ以外の方法で書いている方がいたとしても、それを否定したい訳ではありません。

「あくまでも私の方法」だということを、あらかじめご了承いただければと思います。

あなたの執筆活動の参考になれば嬉しいです。

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました!

小説の種類:長編・中編・短編の文字数やそれより短い小説は?

小説を書いていると、ふと「何文字からが何なんだ?」と疑問が沸くときがあります。

「何」っていうのは、「長編小説」なのか「中編小説」なのか、はたまた「短編小説」なのか。「短編小説」より短いものは「ショートショート」なんて呼びますね。「掌編小説」という種類もあります。

小説投稿サイトに自作の小説を掲載する際、「長編小説」や「短編小説」など、種類を選ぶときがあります。

そういった時にも、「自分が書いている小説は何小説なのだろう?」と悩む人は多いのではないでしょうか。

では、今回は、小説の種類・文字数についてお話します。

 

長編小説は12万文字以上

長編」とは、小説の中でも一番長い種類になります。

なんと、12万文字以上から「長編小説」に分類されます。
出版社などによっては少々ばらつきもありますが、最も多いボーダーは12万文字以上

400字詰めの原稿用紙300枚分です。
上下巻や何冊かに続いている小説は「長編」にあたります。

小説執筆の初心者には、長編小説はなかなか難しそうですね。

私も連載ものの小説を書いておりますが、書き終わるまで何文字になるかわからずです。中編小説の分類になる可能性もありますね……。12万字以上……書き上げてみたいものです。

 

中編小説は4万~12万文字

「中編」は「長編」の次に長い小説です。4万~12万文字の小説が「中編」にあたります。

400字詰めの原稿用紙100~300枚分です。

文庫本1冊がこれくらいの長さですね。

 

短編は4000~4万文字

短編は4000~4万文字で、400字詰めの原稿用紙10~100枚分です。

数千から数万だと、振り幅が広いですよね。笑

短編1作のみだとページ数が少なく、文庫本を出せる文字数ではないので、「短編集」として複数のお話をまとめて出版されることになります。

 

ショートショートは800~4000字

ショートショートは「短編」よりも短い小説のことを指します。

800~4000字で、400字詰めの原稿用紙2~10枚分です。

小説を書いてみたい方は、最初はショートショートからの挑戦をオススメします。

800字ですと、流石に短く、かえって話は書きにくいのですが、ショートショートは800~4000字以内なので、短すぎず長すぎず、ちょうど良い長さです。

 

掌編小説は200~800字

掌編小説はショートショートよりもさらに短い小説です。

200~800字です。
うーん、本当に短い。

掌編小説は小説を書く練習としては適した長さとも言われています。

先述した通り、文字数が少なすぎるとかえって書きにくいです。細かな表現をしようとすると、800字はすぐに超えてしまいます。

そこを不要な表現をそぎ落とし、必要最低限の言葉で、いかに自身が書きたい話を伝えられるかを考えていかなければなりません。それ故に、文章を書くには良い練習になるのです。

そのお話については、こちらの記事でもご紹介しています。

小説を書く練習:掌編小説をたくさん書いてみる!

 

おわりに

いかがでしたか?小説にも色んな種類がありますね。

WEBや新聞で連載しているものは「連載小説」と呼ばれ、読者からの評判が良ければ連載終了後に出版されるなど、そういったパターンもあります。

私は小説を書く回数を重ね、いずれは長編小説を書き上げたいなあと思って練習中です……!

まず中編小説から書けるようにならないとかな?笑

私が書いている小説は以下のサイトに載せています。

マグネット
note(掌編小説のみ)

ご興味があれば読んでみてくださると嬉しいです!

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました(*^^*)

 

★お茶会等のイベントや創作関連、
 人生をより楽しむための思考法など
 様々な情報を発信!

↓お友達登録はこちら↓

小説を書く練習:掌編小説をたくさん書いてみる!

こんにちは。
【小説×歌×朗読】中心に活動している「SSQuest」の首領・雪花です。

Twitter:@ssquest

「小説を書きたいけれど、どう書けばいいのだろう?」
「いきなり長編小説を書いても大丈夫?」
「小説を書く練習ってどうすれば良いの?」

と、悩みを抱える方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

私は小学生の頃から文章を書くことが好きで、拙いながらノートに小説を書いていました。でも、そのときに書いていたのは、どうしても長編小説になるだろう作品たち。

すべて続き物で、途中で完結を諦めて書くことを辞めてしまっていました。

当時は、「プロットを書く」とか「思いついたことを何でもメモする」とか「キャラクターの設定を作る」とか、そういう頭がなかったもので、なかなかに苦戦していました。いつでも見切り発車。笑

それでも完成させることは出来ると思いますが、途中で話が変わってしまったり(筋が通っていれば全然構わないと思います)、過去の話とかみ合わないことが発生したりするこもあるので、注意が必要です。

最初は書き始めもよくわからないし、どうしてもね、途中で挫折してしまう。

そこで、小説を書く力をアップさせるために、私が取り入れている練習方法をご紹介します!

創作の練習には掌編小説を書いてみよう!

「掌編小説」は「超短い小説」!

そもそも「掌編小説(しょうへんしょうせつ)」って何?
という疑問を持つ方も居るのではないでしょうか。

私も、「掌編小説」と聞いてもピンときませんでした。笑
そんな言葉があるとは知らなかった……。

「掌編小説」とは、短編小説やショートショート(短編小説よりも短い小説)よりも短い小説で、大体300~800字程度のかなり短い小説です。

短編小説等は、短いストーリーが連続している形のものもありますが、「掌編小説」の場合はそれ自体で完結した物語である必要があります。

文字数が少ない小説を書くのは難しい!

長編小説こそ、初心者には書くのが難しくとっつきにくい印象がありますが、「掌編小説」もかなりの難しさだと思います。

なぜなら、先述した通り【300~800字】で物語が完結する必要があるからです。

実際に書いてみるとわかりますが、800字って結構短いです。原稿用紙2枚分です。
その中で物語を完結させる、かつ短い文字数でストーリーを展開し、読者がわかるようにそれを伝えなければなりません。

どうしても説明や事細かな描写をしようとすると、文字数が多くなりがち。
それを何度も推敲して、一定の文字数に収めていくわけですから、創作の練習に適しています。

私は、現在「掌編小説」をnoteというサイトに掲載しています。
言わずもがな、創作の練習をしております。

こちら

試しに読んでいただけるとわかりますが、本当に短いです。笑
私が書いている小説の中には、正直800字を超えているものもあります……。
(自分の中で一定の決めは作っています。1000字は絶対行かないようにするとか。笑)

書いていて思うのは、書きたいことが収まらないな、ということ。

より短くまとめられる、そして自身が書きたいことを的確に捉える表現を探すことになりますので、これは本当に地力が上がると思います。

最初から「12万文字以上は書け!」とか言われるより、初心者にはとっかかりやすく、なおかつ創作の練習になる……そんなお得感満載なのが「掌編小説」です!笑

 

おわりに

@ssquest_YI

「書く」ということは、練習すれば上達するものです。

今回ご紹介したのは「掌編小説を書く」ということですが、書いた小説をサイトに公開し、読者の反応を見て(例えば、「お気に入りの数」がどれくらいあるか、等)自身のモチベーションを上げたり、練習はじめと比べてどうかを見てみたりすると、「継続する」ことができると思います。

私はTwitter上で、フォロワーさんから「お題」をいただいて書くなどして、次はどんなお題が来るのかわくわくしながら楽しく練習しています。

より楽しく文章を書くことができるように工夫しながら、ぜひ文章を書く練習をしていきましょう!
私も頑張って練習して良い作品を書き上げたいと思います!

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました。