「目標」と「目的」は全くの別物!意味の違いを解説!

Pocket

こんにちは。
【小説×歌】中心に活動している創作プロジェクト「SSQuest」の首領・雪花です。

「目標」や「目的」といった言葉は、過去にも、そしてこれからも何度も耳にすると思います。
そして、自身でも使うことがあるでしょう。

しかし、その二つの言葉の意味を正しく理解し、正しく使うことができているでしょうか?

「『目標』と『目的』は同じ意味じゃないの?」
「今までなんとなくで使っていた」

といった方も多いのではないでしょうか?

実は、私自身、「目標」と「目的」は、文脈等で使い分けがされる類義語だと思っていました。
そこに明確な違いがあるとは思ってなかったんですね。

(なんとなくで使っている言葉って、きっと沢山あるのだろうなー……)

でも、ふと疑問に思って調べてみると、「目標」と「目的」には明確な違いがありました。

今回は、「目標」と「目的」の意味、そして使い方をご紹介します。

 

「目標」と「目的」の意味とは?

「目標」とは……
「目的を達成するために設けた具体的な手段」

「目的」とは……
「最終的に成し遂げる事柄であり、目指すゴール」

です!

「階段」をイメージすると理解しやすいと思います。

 

階段の一番上が「目的」……つまり「ゴール」です。

そして、一番上を目指して上がっていく段が「目標」です。

私たちが何かを達成するには、具体的な行動が必要ですよね。

例えば、あなたがゲームを買いたいとき、そのゲームを買うまでには、以下のような行動が必要でしょう。

「バイトをして○円貯める」
「節約のため、毎日自炊する」

等々。そして、その行動を経て、「ゲームを買う」という目的を達成するわけです。

つまり、

目的
達成したい何か
目標
達成するための具体的な行動


ということですね!

 

具体的に、「目標」と「目的」はどのように使うべき?

さて、「目標」と「目的」の意味がわかったところで、実際に使ってみましょう!
インプットの次はアウトプットだ!!

 

「目的」を決めてから「目標」を設定しよう!

決める順番は、

①「目的」 → ②「目標」


です。

「目的」が最終的に達成したい事柄のため、「目的」を定めない限り、「目標」を決めることはできません。

 

何を目指すのか、「目的」をはっきりとさせる

まず、何を目指すのか……「目的」をはっきりと決めます。

例えば、企業であれば、その企業自体の「目的」は「理念」に該当します。
「お客様第一」等がありますね。

もうひとつ、私の創作プロジェクト「SSQuest」を例に挙げます。

SSQuestの「目的」は、

「皆の”やりたい”を形にする」ことです。

「目的」は、今後の動きを決める指標となります。最終的に叶えたい自身の姿、企業の姿を思い浮かべてみましょう。

 

「目的」を達成するための「目標」を設定する

「目的」が決まったら、次は「目標」を決めます。

あなたの「目的」を達成するには、何が必要でしょうか?
具体的に何をすべきなのか、考えて書き出してみましょう。

私の場合、SSQuestの目的「皆の”やりたい”を形にする」を達成するには、足りないスキルやノウハウが多くあります。

そこで、まずはこんな目標を立てました。

「ビジネスアイデアを100個出す」
「月10冊のビジネス書を読む」


「目標」は、数字を出したり、目標達成の具体的に日にちを決めたりすると、より効果的です。

例えば「月10冊のビジネス書を読む」という目標が、「たくさん本を読む」という抽象的な目標だとします。

すると、「“たくさん”って何冊だ?何を読めばいい?」という疑問が浮かびます。

疑問が残る目標を立てても、なかなか行動に移せません。
モチベーションも上がらないでしょう。

「目標」には、具体性をもたせましょう。

 

「目標」と「目的」を正しく使ってみよう!(まとめ)

今回は、「目標」と「目的」の違い、そして使い方をご紹介しました。

 

「目標」は、「目的を達成するために設けた具体的な手段」のこと。
「目的」は、「最終的に成し遂げる事柄であり、目指すゴール」のこと。

 

そして、「目標」と「目的」の使い方は……

目的をはっきりと決めてから目標を設定する」
「目標は、数字や日にちを設定して、具体的にする」


でした!

自身に目指すものがあったり、会社などでチームをまとめるリーダーになったりした時は、ぜひ「目標」と「目的」を意識してみてくださいね!

最後までお読み下さり、ありがとうございました!