「幻月」月は決して一つではない。

こんにちは。
物語系ボーカルユニット・Solumonia(ソルモニア)の語り部・雪花です。

皆さん、「月」を表現する言葉はどれくらいご存じでしょうか?

「月光」「月明かり」「月影」「三日月」などなど・・・・・・。

この辺りはよく耳にするでしょうか?

実は、調べてみると「月」に関する言葉はまだまだ沢山あります。

このサイトでは、特に「月」や「太陽」に関するお話を
多く取り上げる予定です。
あなたがお気に入りの「月」に出会えるといいなと思います!

と、いうのも・・・・・・

Solumoniaは【「太陽」と「月」の調べ】という意味の造語です。

さらには私のイメージが「月」ということもあり、大切にしていきたい象徴です。(もちろん「太陽」もね!)

この記事で言葉の意味をご紹介し、次の記事では、
そこから私がどんな世界を想像したかもお話します。
ぜひそちらも楽しんで下さいね!

それでは、本日は

「幻月(げんげつ)」

についてお話します。

 

「幻月(げんげつ)」は月が二つ以上に見えること

「幻月(げんげつ)」とは、

「月の左右に、別の月があるように見える現象。空中の氷晶による光の屈折で起こる暈(かさ)の一種」です(出典:日本語表現インフォ)。

よくファンタジーの世界で、はっきりと二つの月が
空に浮かんでいることがありますね。あれに近いと思います。
月の隣にもう一つの月が見えるのです。

太陽にも同じ現象があります。それは「幻日(げんじつ)」といいます。

 

「幻月」の実際の写真

「幻月」という現象を、2014年に新潟県の胎内自然天文館で観測できたようです。

→胎内自然天文館のブログを見てみる。

写真の引用はちょっと怖いので、お手数ですけどリンク先をご確認ください!

幻日は結構見られると思います。
下の画像の、虹色に光っている部分が「幻日」です。

検索エンジンで「幻日」と検索してみると、
もっとはっきりとした「幻日」の写真が見られます。
興味がある方は、ぜひそちらも見てみてください。

 

3.おわりに。「幻月」から生まれる物語とは

いかがでしたか?

光の屈折で月が二つ以上に見えるなんて面白い現象ですよね!

「幻月」・・・・・・隣り合う二つの月・・・・・・人の相反する心の見え隠れ・・・・・・?
隠していたはずの心が表に出てくる瞬間・・・・・・?

そんな風に月を人に例えたり、はたまた逆の発想だったり。

色んなことが想像できそうですね!

Solumoniaのオリジナル曲に「月恋歌」という
「月が人間に恋をするお話」があります。

そして、その曲の一部歌詞を変えた曲が「幻月恋歌」です。

私の場合は「幻月」から歌詞を考えた訳ではなく、
歌詞から「幻月」にたどりついたのですが・・・・・・。
上記のような発想から「幻月恋歌」と名付けました。

上記の動画は、「月恋歌」と「幻月恋歌」のMix verです。
Cメロ以降が歌詞違いとなっています。

せっかくですから、次の記事では「幻月恋歌」についても
少しお話したいと思います。

それでは、また次の記事でお会いできたら嬉しいです。

最後までお読み下さりありがとうございました。

語り部 雪花

メルマガ無料登録で【オリジナル曲プレゼント】!
【アクセサリープレゼント企画】や【歴史・神話・言葉の意味】など
内容盛りだくさんです♪
★ご登録はこちら