小説の種類:何文字書けば長編?中編?短編?それより短い文章は?

こんにちは。
【小説×歌×朗読】中心に活動している創作プロジェクト「SSQuest」の首領・雪花です。

Twitter:@ssquest

小説を書いていると、ふと「何文字からが何なんだ?」と疑問が沸くときがあります。

「何」っていうのは、「長編小説」なのか「中編小説」なのか、はたまた「短編小説」なのか。「短編小説」より短いものは「ショートショート」なんて呼びますね。「掌編小説」という種類もあります。

小説投稿サイトに自作の小説を掲載する際に「長編小説」とか「短編小説」とか種類を選ぶときがあるのですが、そういった時にも、「自分が書いている小説は何小説なのだろう?」と悩むことがありますね。

では、何文字からどの小説に分類されるのか、見ていきましょう。

 

長編小説は12万文字以上

「長編」とは小説の中でも一番長い種類になります。

なんと、12万文字以上から「長編小説」に分類されるようです。
出版社などによっては少々ばらつきもありますが、最も多いボーダーは【12万文字以上】。

400字詰めの原稿用紙300枚分です。
上下巻や何冊かに続いている小説は「長編」にあたります。

小説の書き始めは、長編小説はなかなか難しそうですね。

私も連載ものの小説を書いておりますが、書き終わるまで何文字になるかわからずです。中編小説の分類になる可能性もありますね……。12万字以上……書き上げてみたいものです。

 

中編小説は4万~12万文字

「中編」は「長編」の次に長い小説です。

4万~12万文字の小説が「中編」にあたります。
400字詰めの原稿用紙100~300枚分です。

文庫本1冊がこれくらいの長さですね。

 

短編は4000~4万文字

短編は4000~4万文字で、400字詰めの原稿用紙10~100枚分です。

数千から数万だと、振り幅が広いなあなんて思いますね。

短編1作のみだとページ数が少なく文庫本も出せないので、「短編集」として出版されることになるようです。

 

ショートショートは800~4000字

ショートショートは「短編」よりも短い小説のことを指します。

800~4000字で、400字詰めの原稿用紙2~10枚分です。

小説を書いてみたい方は、最初はショートショートから挑戦してみるといいかもしれません。800字ですと流石に短く、かえって話は書きにくいのですが、ショートショートは800~4000字以内なので、短すぎず長すぎず、ちょうど良いと思います。

 

掌編小説は200~800字

掌編小説はショートショートよりもさらに短い小説です。

200~800字です。
うーん、本当に短い。

掌編小説は小説を書く練習としては適した長さとも言われています。

先述した通り、文字数が少なすぎるとかえって書きにくいです。細かな表現をしようとすると、800字はすぐに超えてしまいます。

そこを不要な表現をそぎ落とし、必要最低限の言葉でいかに自身が書きたい話を伝えられるかを考えていかなければならないので、文章を書く練習になります。

そのお話については、こちらの記事でもご紹介しています。

おわりに

いかがでしたか?

小説にも色んな種類がありますね。

WEBや新聞で連載しているものは「連載小説」と呼ばれ、読者からの評判が良ければ連載終了後に出版されるなど、そういったパターンもあります。

私は小説を書く回数を重ね、いずれは長編小説を書き上げたいなあと思って練習中です……!

まず中編小説から書けるようにならないとかな?笑

私が書いている小説は以下のサイトに載せています。

マグネット
note(掌編小説のみ)

ご興味があれば読んでみてくださると嬉しいです!

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました(*^^*)