「誓い」歌詞

作曲:NAMBO様 作詞:雪花

遠い空に光る星を見つめて
私は手を伸ばしかけて
この手で掴めない光ならば
望まなければいいと瞳を閉じた

何故あなたは寂しく笑うの
強い風が心を突き刺す

音の海に身を委ね
いつかあなたの元へ辿り着ける?
今はまだ遠いけど
いつかあなたの光に
手が届くように

遠い空に光る星を見つめては
君の笑顔を思い出す
何故君はいつも寂しそうな
表情をして僕を見つめる?

僕は君の光に魅せられ
翼をなくした鳥のように

音の海に身を委ね
いつか君の右手を掴めるのか?
背を向ける君の影を追いかけてく
寂寞の夜空 紫黒を越えるよ 今

あなたとなら歌えるよ
世界に響いたコーラス
その音色はあなたとだけ奏でる
世界にひとつだけの星の歌

音の海に身を委ね
それだけではあなたの手を
掴めないとそう気づいたとき
君と手を繋ぐための一歩を踏み出す

夜の光が二人を包んで
赤い星へと誓いを託け
翼広げて果てしない世界へと
私たちならば 君と二人でなら
行けるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です