100均の材料だけでレジンアクセを作る!(ダイソー編)

こんにちは!

アニソン系ボーカルユニット
Solumonia(ソルモニア)の低音担当・雪花です(*’ω’*)

 

メルマガ無料登録
オリジナル楽曲音源をプレゼント
★ご登録はこちら

 

 

100均の材料だけでレジンアクセを作成してみます!

最近、100均もハンドメイド材料が豊富で
びっくりしてしまいますね~。

今回は【ダイソー】で買った材料のみで作ります。

 

【目次】

1.レジン作品を作るために必要な材料・道具

2.レジンアクセの作り方
(1)シリコンシートにフレーム(空枠)をのせる
(2)クリアレジン液とシェルパウダーを混ぜる
(3)(2)のレジン液をフレームに流し込む
(4)作品①カラーレジン液で水面を作る
(5)作品②カラーレジン液で水面を作る
(6)UVライト(または太陽光)でレジン液を硬化させる
(7)2層目。クリアレジンを全体に流して硬化させる
(8)3層目。クリアレジンを全体に流し、メタルパーツを置く
(9)4層目。クリアレジンを全体に流して硬化

1.レジン作品を作るために必要な材料・道具

<買った材料>

・UVクラフトレジン液5g(クリア・ハード)
・UVカラーレジン液4g(グリーン・ミルキーブルー・クリアブルー)
・シェルパウダー
・フレーム(空枠ともいう)
・ネイルスタッズ(メタルパーツ)

こちらの7点です!
私の地元にあるダイソーは
レジン関連の商品がちょっと少な目かな?

カラーレジンは他にも沢山ありましたね~!

レジン液の「ハード」とは
レジン液を固めたときの硬さを示しています。

ハード」だとかちこちに固まります

ソフト」であれば、シリコンのように
固めた後でも柔らかく曲げることができます

スマホケースとか作るときはソフトがいいかと。

シェルパウダーとメタルパーツは、
ネイルコーナーにありました!

ネイルコーナーにはレジンアクセに使用できる材料……
シール・メタルパーツ・シェルパウダー・ラインストーン等々
たくさんそろってますので、ぜひ探してみて下さい!

 

<使用した道具>

・シリコンシート(セリアで購入できます!)
・つまようじ
・ピンセット
・UVライト 9w(太陽光でも作れるのでなくても可
・クリアファイル

シリコンシートは、底のないフレームでレジンアクセを作る際に使用します。

シリコンシートがない場合は、

幅広セロハンテープ
トップコート(マニキュアを塗ったあとに重ねて塗るもの。100均にある)

を用意します。

 

2.レジンアクセの作り方

最初に完成品をお見せします。こんなのを作ることができたよ!

謎にレジン液の台紙の上……あはは。

材料を買いにいったのが
8月ということもあり
海モチーフの材料が揃えやすかったですね。

カラーレジンを重ねて
水面を作ってみたよ!

では、作ってみましょう!

 

(1)シリコンシートにフレーム(空枠)をのせる

この時、フレームとシリコンシートの
間からレジンが漏れないように

フレームをぎゅぎゅっと押して
しっかり密着させてください。

 

(2)クリアレジン液とシェルパウダーを混ぜる

この時にクリアファイルを使用します。

クリアファイルを適当に切って、
その上にレジン液を出し、着色したり
ラメとかシェルパウダーを混ぜたりします。

シリコンとか他に混ぜる用の道具を
持っていればそちらでも!

私は手元にあり、使いやすいのが
クリアファイルでした。笑

クリアファイルの上に
レジン液とシェルパウダーを出して
つまようじでまぜまぜ。

 

(3)(2)のレジン液をフレームに流し込む

流し込むとはいっても、つまようじで
形作りながら「置く」って感じですかね。

レジン液+シェルパウダーは
砂浜に見立てて置きます。

いつもシェルパウダーを使う所は
星の砂」を使用しているのですが
星の砂は100均では手に入らないので、代用。

これはこれで、砂浜をよく表現している気がします。
お気に入りの使い方になりそう。

 

(4)作品①カラーレジン液で水面を作る

まず、こちらの作品から説明します。

グリーンを砂浜の隣に流して整える

グリーンミルキーブルーを混ぜる

写真、混ぜる前だった……そして汚い(^p^)

作品の真ん中の白っぽい部分がミルキーブルーです。

自然なグラデーションを出すために、
境界線の部分には、隣り合う色の
レジン液を混ぜてぼかします。

グラデーションを出すためには
少しずつ色を混ぜて作っていきましょう~。

フレームの中にレジン液を入れてから
混ぜるというのもいいですが……

混ぜるときに意図しない部分に
色が混ざってしまうこともあり
注意が必要です

グリーンの横に少量、②のレジン液を流し、ぼかす

②のレジン液を流すといっても、
グリーンの端にちょんちょんとつけて
色をぼかす感じです。

④③の横にミルキーブルーを流す

ミルキーブルークリアブルーを混ぜる

②と同様、一番上にくるクリアブルーと
真ん中のクリアブルーを混ぜて
境界の部分に使います。

ミルキーブルーの横に少量、⑤のレジン液を流し、ぼかす

⑥⑤の横にクリアーブルーを流す

このようになります。

シリコンシートが黒なので色が見づらいですが……
(次からはセロハンテープでやろう……)

砂浜の隣から順に

グリーン→②のレジン→ミルキーブルー→⑤のレジン→クリアブルー

となっています。

 

(5)作品②カラーレジン液で水面を作る

お次は写真上部の作品。
(いくら編集しても上だけ切り取った形に
なってくれないのでこのお写真で……泣)

波の形を出していきます。

①(砂浜以外に)ミルキーブルーのレジン液を薄く流す

砂浜の隣から、ミルキーブルーを流します。

この段階ではまだ硬化させず
他のレジン液も流していくため
写真のように少量でいいです。

クリアブルーグリーンを上から垂らす

①で広げたミルキーブルーの上から
他のカラーレジン液を垂らします

すると、他のカラーレジン液が
ミルキーブルーを押しのけますので(笑)
上の写真のように、波の形が出来上がります。

この形の場合は、ミルキーブルーで
境界線をはっきりと見せるので
ぼかしたり混ぜたりはしません。

 

(6)UVライト(または太陽光)でレジン液を硬化させる

UVレジン液は紫外線に当てると硬化します。

9wのUVライトなら、2~3分ほど。
太陽光であれば6~8分ほどで固まります。

速乾レジン液なんてものも
ダイソーで売っていたので
そちらだともう少し早いかも。

 

(7)2層目。クリアレジンを全体に流して硬化させる

1層目の上にクリアレジンを重ねて硬化させます。
厚みを出すためなので、特にここでは装飾をしていません。

 

(8)3層目。クリアレジンを全体に流し、メタルパーツを置く

今回はこちらのネイル用メタルパーツを使用しました。

夏に買いに行ったので、夏らしく
海モチーフのメタルパーツです。

こちらを好きな所に配置します。

奥行きを出したい場合は

例えば、
2層目に魚のパーツを1枚置いて硬化
→3層目でレジン液のみ流し、硬化
→4層目に魚のパーツを1枚置いて硬化

のように重ねていくといいですよ!
上の作品では、3層目で1層目と
同じ方法でレジンを流しているため
真ん中付近の魚にミルキーブルーが
かかったようになり……

雲の中にまぎれたかのような
雰囲気を醸していますね!

※海の作品である

 

(9)4層目。クリアレジンを全体に流して硬化

最後は、メタルパーツが
覆われるくらいのレジン液を
流して硬化します。

もっと厚みを出したい!という場合は
枠からはみ出ないように気をつけつつ
レジン液を重ねて硬化して~を
繰り返していきます。

そして、満足いくまでパーツや
レジン液を重ねれば!!

完成(*’ω’*)

 

いかがでしょうか?
100均の品質が上がっているので
十分素敵な作品が作ることができる……。

低価格なので、初めての方も気軽に
挑戦することができるのではないでしょうか!

レジンに興味のある方は
ぜひお試しください~!!

 

そして、こうして100均企画
(今命名した)で制作した作品は
メルマガ読者様限定で、抽選で
無料プレゼント!!なんていう感じに
していこうかな~と思います!

ご興味のある方は、ぜひメルマガにも
ご登録してくださいね♪

ライブの物販などでは100均以外の材料で
作ったアクセも販売していますよヘ(^o^)/

———————————————–

メルマガ無料登録
オリジナル楽曲音源をプレゼント
★ご登録はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です