ほぼ100均の材料でコサージュを作ろう!

こんにちは。
【小説×歌×朗読】中心に活動している創作プロジェクト「SSQuest」の首領・雪花です。

Twitter:@ssquest

ほぼ100均の材料でコサージュを作ったよ!

今回作ってみたのは、大きめモチーフのコサージュです。

造花って、手芸屋さんやネット通販で買おうとすると、なかなか高いんですよね。
クオリティはもちろん高いのですが、「ちょっとした飾りがほしいな」「ちょっと練習で使ってみたいな」というときには手を出しにくい。

なので、なるべく安い材料で作れないかな~と、100均の材料でコサージュを作ってみました!

100均って、今はハンドメイドの材料から何から色んなものを置いているし、尚且つクオリティが高いんですよね。

もちろん探していた造花もクオリティが高い!

100均によって結構差があると聞いていたので、ダイソーとセリアに行って比べましたが造花はセリアの方がよさそうです。

また、レースやリボンも使いたかったのでセリアで購入。
コサージュ台も2個入りのがあったので購入しました。

最近の100均は本当にハンドメイド商品が充実していますよね。
ハーバリウムが流行始めたときは、さすがにハーバリウム専用オイルは販売されないだろうな、と思っていたのですが……販売されましたね!笑

レジン関連の商品も豊富なので、「試してみたい!」というときは100均で探してみるといいと思います。手軽に試すことができていいですよ!

必要な材料はこちら

  • 造花・・・大きめ2、3本と小花を2本
  • レース・・・適量
  • リボン・・・適量
  • パールやビーズ・・・5つくらい
  • 針金・・・30センチほど
  • コサージュ台・・・1個
  • グルーガン
  • 必要であればペンチ

こんなものですかね。

私はすでに自分で持っていた材料があったので、上の画像には100均の商品ではないものも混ざっています。が、こちらの材料は

すべて100均で手に入ります。

うーん、本当にすごい。100均の回し者みたいになっていますが、回し者ではありませんよ。笑

 

メインのお花部分を作ります

造花って簡単に分解できるんですよね。びっくりしました。

フンッ ってやると ポンッ って抜けます。
(茎の部分を引っ張ると、花びらから抜けます)

茎の部分を引っこ抜いたら、花びらをばらしていきましょう。簡単にばらばらになっちゃいます。

はい、ばらばらにしました!

今回は、淡い水色の花と、それよりも若干濃いめの花を使っています。
濃い目の造花が小さかったので2本使いました。

さて、分解したら、大きい花びらを下にして、大中小と重ねていきます。

大体こんなものかなと、バランスなどを見て、その出来栄えに納得がいったら花びらを針金に通していきます。

はい!ここでパールが登場!!ビーズでもいいと思います!

好きなパールを針金に通して、真ん中でくるくるくる~とねじります。

真ん中にいくつかのパールを集めたいときは、
針金にパールを通す→針金くるくる→パールを通す→針金を折り曲げて真ん中にパールを集める→くるくる……

それを何度か繰り返し……

こんな感じ!これがお花の中心になりますよ!

では、先ほど重ねた花びらを針金に通していきます。

花びらの真ん中に小さい穴が空いているので、そこに針金を通します。
途中でレースを挟むと可愛いかなと思ったので、ちょくちょくレースを針金に通しました。

はい、このような感じです。

すべて通し終わったら、花びらの根元の部分で針金をくるくるとねじります。
余った針金はカット。

これでメイン部分は完成です!

あとは、コサージュ台に花をつけていきます。

 

コサージュ台に接着!!

グルーガンの登場です。

装飾のリボンを用意したり、追加の小花を用意したり……
どう配置するかを実際に並べ……心の準備ができたら……

射撃用意!!!!!

グルーをコサージュ台に打ち込みます!
コサージュ台の底は凹んでいるので、たっぷりと打ち込んでください!

そして、一番下につけたいリボンを置き
(動いてしまうので、ホチキスでリボンの形を固定しています)

リボンの上にグルーを打ち込み、次のリボンをつけ、グルーを打ちk(以下略

これらの動きを何度か繰り返し、最後に先ほど作ったお花をつけて、完成!!

これは本当に100均の造花には見えないよなあ、と思います。

 

最後に:グルーガン使用の際の注意

作り方は以上ですが、グルーガンを使用するに際し、注意点があります。

グルーガンは電源を入れたときから(コンセントに繋げたときから)接着剤を熱しはじめ、かなりの熱を持ちます。

接着剤や、接着剤が出てくる部分に触ってしまうと、やけどをしてしまうため、触れないように気をつけてください。
また、グルーを入れたコサージュ台も熱くなりますので、触らなければならない時は、軍手をしたりタオル越しに触れたり、工夫をしましょう。

やけどをしたら

  • 患部を流水で冷やす
  • 患部にラップを巻き付ける(空気に触れないことで痛みを軽減させる)

こちらを行うといいですよ。

もちろん、痛みが酷いようでしたら病院にいくこと。

怪我をしてしまうとハンドメイドを楽しめなくなるので、怪我にはくれぐれも注意していきましょう!
それでは、最後までお読み下さりありがとうございました(*^^*)

衣装製作

Posted by 雪花